未分類

ロンドンの「ビックベン」が見納め!!日本からの行き方は?

イギリスの首都、ロンドンでロンドンの象徴としたら「ビックベン」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

 

ウェストミンスター宮殿にある時計台で正式名称は”エリザベス・タワー”です。

 

 

てか正式名所があったのですね。てっきり普通に「ビックベン」だと思っていました。そんなロンドンを象徴する「ビックベン」がもしかしたら見れないかもしれません!!!

 

 

なぜなら「ビックベン」の時計の針が6秒ずれてしまっているからです。それもそのはず。なぜなら「ビックベン」は建てられてからすでに156年です。老朽化が進んでおり、修理するのに日本円でなんと74億円ほどかかるそうです!!

 

修理するかしないかはまだわからないですけど、ロンドンのシンボルですからきっとするでしょう。そしたらその修理期間の間は「ビックベン」を見ることができません。

 

なので見たい人は早めに見に行きましょう。またぜひ正午の鐘の音を聞いてください。日本の学校でお馴染みのチャイムのメロディの基となったとされてます。

 

東京からロンドンまでの時間は?
東京・羽田、成田からロンドンまで直行便で約12時間30分です。

日本→ロンドン・ヒースロー空港に到着したらここから結構かかります。おすすめの交通手段はヒースロー・エクスプレス+地下鉄です。

 

まずは空港のターミナル3から15分間隔で運行しているので地下鉄サークル線で9駅のりウエストミニスター駅で降り、すこし歩くと国会議事堂でもある「ビックベン」にいたどり着きます。

所要時間は約40分、料金は約20ポンドです。

 

ロンドンのシンボルを見といて損はありません。海外旅行どこにしようと考えてる人はぜひ今のうちに♪

 

 

 

 

-未分類